今日のおすすめ記事
継母と一緒 / 成田コウ (Erotis)

1.作品情報

タイトル 継母といっしょ
作者 成田コウ
サークル Erotis
ジャンル オリジナル,母(義母)
発行日 2019/12/31
イベント コミックマーケット97
作品種別 成人向け
電子書籍での購入はこちら♪

2.あらすじ

幼くして母親を亡くした主人公・大樹は、再婚相手の義母・夏織と打ち解けずにいた。一緒に生活をする中で彼女の優しさ、本当の母親になろうと頑張る姿に大樹は次第に心開いていく。次第に変化する母親に対する気持ちを抑えながら過ごしていたある日、父親が突然亡くなってしまう…。

注目ポイント
・義母の象徴”ベージュ下着”
・ キーワード”共犯者”の意味の変化

「共犯になろう」の意味とは…?

3.どんたこすレビュー

今回紹介するのは、成田コウ先生の『継母といっしょ』。

本作は、”義母と子の純愛ストーリー”。

物語は父親の再婚相手・夏織を紹介するシーンから始まる。突然現れた再婚相手に対して大樹はそう簡単には心を開くこと出来ずにいた。

夏織さん、初対面

 

そんな彼らの関係を変化させる”遠足のお弁当事件”が起こる。母親が亡くなって以降、男手一つ大樹を育ててきた父親だったが、料理は苦手だったようでお弁当は常に”おにぎり2つ”。突然豪華になったお弁当に対して同級生がいちゃもんをつけてきた。

「よかったわね 新しいお母さんが来てくれて」

 

父親を馬鹿にされて気分が悪くなった大樹はとっさに「新しい母さんは料理へたくそだもん!!」と同級生に反論する。

どんたこす
父親が頑張って用意してくれていた姿を見ていた大樹にとってこの発言は禁句ですね。小学校あるある心許ない言葉をかけてしまう…。そんなことを繰り返して成長していきますよね。(しみじみ)

”父さんをバカにすんな!!”

 

大樹を迎えに来た夏織さんが偶然その場に登場。自ら料理が下手であるという嘘を付き二人で父親を庇うことに。

「私お料理が苦手で」

 

母親の目の前で嘘をついたことに罪悪感を感じる大樹だったが、夏織は”嘘”を付くこと危うさを諭しつつも、その”嘘”を一緒に付き続ける共犯者となることに。その”ご褒美”として、大樹は夏織のことを「カーサン」と呼ぶようになる。

どんたこす
この作品を語る上で、このシーンは非常に重要。彼らにとって形だけではない、本当の家族になった瞬間が描かれています。懐の深さ、溢れる母性溢れる夏織さんのことをこのシーンでもっと好きになったこと間違い無しです♪

「カーサン」って読んでください

 

「…カーサン ごめんなさい…」

 

順風満帆に時が流れていく…と思いきや突然訪れる父親の死。大樹は高校卒業をきっかけに家を出ることを”カーサン”に告げる。この頃には既に夏織のことを一人の女性としてしまっていた。

父が亡くなった

 

同時に夏織も近い気持ちを持っており、相思相愛の関係へ。二人は再び”共犯”の関係へ。

どんたこす
形だけの家族 ⇨ 本当の家族 ⇨ 恋愛感情へ。多感な時期に魅力的なカーサンに恋愛感情を抱いてしまった大樹、血は繋がっていない大樹の成長していく姿に対する愛情が変化していってしまった夏織。父の死をきっかけに二人の距離は一気に縮まることになりますっ!

一人の男性として見ていたんです…

 

幼少期以来の”共犯”

 

以下、Hシーンを含めた詳細レビューを行う。

(1)セックスシーン 解説

セックスシーンは主に大樹が攻め、夏織が受けという構図。

見どころは、”セックス経験が少ない(?)夏織の反応”に尽きる。

どんたこす
下着を脱ぎ裸体を公開するシーン。頬を染め恥ずかしがりながら胸を差し出す姿はエロいの一言。自らブラのホックを外す仕草も下着フェチ的に大好物♪

ブラ…開放っ!!

 

どんたこす
パンツから飛び出したおち○ちんに驚く姿もまた可愛らしい。平然を保とうとしているのに、目の前の出来事に動揺が隠せていない様子がとても愛おしい。また、二人の関係が母子というのもたまらない。

驚く夏織さんが可愛い…!!

 

どんたこす
手コキシーンも辿々しくも丁寧に大樹に気持ちよくなって欲しいという気持ちが前面に出た良いシーンでした。

ぎこちなく手コキする夏織さん

 

どんたこす
特に性器を露出させた時の口をつぐんで恥ずかしさに耐える表情は最高以外の何者でもありませんっ!大きな胸が重力に従って横に流れているのもリアルでえっちです。また、ブログ写真ではモザイクをかけてしまっているので分かりづらいかもしれませんが、デカ乳輪が最高にシコい。むしゃぶりつきたくなりますっ!!

おま○こ、ご開帳!!

 

どんたこす
挿入時の描写が丁寧に描かれているのも特徴的です。徐々に挿入されていくおち○ちんに苦悶の表情を浮かべていく夏織さん、とても妖艶でその大人の色気にドキっとしてしまいました。

挿入シーン

 

どんたこす
最後は中出しでフィニッシュ♪セックス中で最高に印象に残ったシーンがこの「アヘ顔」。普段絶対に見せることの無い乱れた姿に釘付けになりました…‼︎エロ過ぎるよ、カーサンっ!!

夏織さんのアヘ顔

(2)ストーリー お気に入り部分

① 幼い頃と成長した今のカーサンの変化

出会った当初、夏織のことを”夏織さん”と読んでいた大樹だったが、遠足のお弁当事件をきっかけにカーサンと呼ぶことなる。作中でも”夏織の「か」を伸ばして「カーサン」”と表現しているように大樹も夏織自身も自分たちの関係の不完全さを自覚していたように感じた。

夏織の「か」を伸ばして「カーサン」

 

一緒に過ごす中で本当の母と子に近づいていった彼らの”カーサン”の意味も”お母さん”に近い意味合いに変わっていただろう。しかし、一緒になったある日、その関係も”親と子”から”女と男”へ変化した。ただ行為中も大樹は夏織のことを”カーサン”と表現し続けた。

先ほどにも同様の内容を書いたが、場面毎に”カーサン”という表現の意味合いが形だけの家族 ⇨ 本当の家族 ⇨ 恋愛感情へと移りゆくさまが非常に面白かった。

② ”ベージュの下着”の存在

この作品の象徴たる”ベージュの下着”の存在が非常に良い味を出していた。

幼少期の大樹にとってベージュの下着は、夏織を母とたらしめる象徴であり、彼女を性の対象と意識させる存在である。対しては、夏織自身は子供の大樹に見られても何とも思っていない、そんな様子が伺える。

ベージュの下着

 

運命的にも、行為の際にも穿かれていたベージュの下着その下着を脱がすことで”親と子”から決定的に”女と男”に変化したように感じられた。

ショーツ脱衣

③ 二度使われた”共犯”

遠足のお弁当事件の際にも登場した”共犯”という表現、いわゆる”二人だけの秘密”を表現している。

伏線回収と言わんばかりに、”夜更かしの共犯”という表現が巻末にされている。上手い。

夜更かしの共犯

4.下着紹介

下着は、”ベージュ色のフルカップブラ + フルバック・スタンダードショーツ”。

どんたこす
お世辞にも色気がある下着とは言い難いですが、人妻感が出ていて本作にはこの下着しか選択肢が無いと言わんばかりの存在感を出していました。デザイン的にもバラの刺繍が丁寧に描かれており、ディテールも非常に高いです。

ベージュの下着

 

どんたこす
エッチシーンにおける脱衣シーンも丁寧に描かれおり、特にホックが外されるシーンも別コマでピックアップされて描かれており、大満足!!巨乳あるあるの3段ホックが最高にシコかったです♪

ブラ…開放っ!!

5.総括

成田コウ先生の『継母といっしょ』を紹介してきた。エッチシーンもさることながら、ストーリーも凝られており満足度の非常に高い作品に仕上がっていた。下着好きとしては、ベージュの下着がストーリー的にもイラスト的にも大満足。現時点で続刊も頒布されているので、そちらも後日紹介を予定している。

成田コウ先生の情報

SNS情報  ホームページ Pixiv Twitter
作品販売店  メロンブックス
電子書籍  FANZA
(成田コウ様 レビュー許可取得済み 2020.06.02 メールにて)

継母と一緒 / 成田コウ (Erotis)

9.7

キャラクター

10.0/10

イラスト

9.5/10

エロさ

9.0/10

ストーリー

10.0/10

下着力

10.0/10
エロ漫画を読むならKomiflo♪

月額980円で最新・最高のエロ漫画雑誌とバックナンバーが読み放題!1ヶ月の無料体験も実施中なので是非入会してみては?最近、BABELも読み放題に追加!!今後も新雑誌の追加もあるかも???

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事