今日のおすすめ記事
となりのあやねさん いたずら自撮りとお仕置きえっち編 / ヘリを (はらヘリ堂)

1.作品情報

タイトル となりのあやねさん いたずら自撮りとお仕置きえっち編
作者 ヘリを
サークル はらヘリ堂
ジャンル オリジナル,眼鏡
発行日 2021/08/28
イベント メガ秋葉原同人祭 第3回
作品種別 成人向け
電子書籍での購入はこちら♪

2.作品概略

ストーリー
  1. 導入:啓悟の出張、3日間の別れ
    Point:文音さんのえっちな自撮り写真
  2. エッチシーン:再開する二人、爆発する気持ちと性欲
    愛撫(クンニ、手マン)→フェラ(口内射精)→パイズリ(パイ射&顔射)→正常位→後背位(ゴム射)→寝バック(中出し)

3日ぶりのいちゃらぶセックス

3.作品レビュー

登場人物
  • 啓悟
    主人公。しがないサラリーマン。
    合鍵を会社に忘れたところをアパートの隣人・文音さんに拾ってもらい、”ご近所付き合い”が開始する。
  • 文音
    ヒロイン。小説家。
    えっちで爆乳の眼鏡お姉さん。
    比較的ズボラで部屋の中はごちゃごちゃしている。

啓悟

文音

① 啓悟の出張、3日間の別れ

あの日を境に、毎日のように”ご近所づきあい”をする二人。関係はあくまでも”お隣さん”。そんなある日、啓悟の3日間の出張が決定。二人は一時別れ離れに…。

どんたこす
1巻での出会いをきっかけに、毎日のように”ご近所づきあい”をするようになった二人。文音さんの可愛さは健在、約1年8ヶ月ぶりの再開に歓喜です♪

毎日のように”ご近所づきあい”をするようになった二人

 

どんたこす
そんなある日、啓悟の出張が決定、3日間文音さんと会えない期間が出来てしまいます。お互い茶化し合うも、どこか寂しそう…?本当に二人はただの”お隣さん”なんでしょうかね(ニヤニヤ)

啓悟の出張が決定

「ちゃんと空っぽにしてあげますから 出張頑張ってきてくださいね♡」

 

どんたこす
そして、出張中、文音さんは啓悟に対して”えっちな自撮り写真”を毎日送り続けます。この写真がこれまたエッチで良いんですよね‼︎日を追うごとに露出度が高くなっていく写真…とんでもないお預けです‼︎啓悟も耐えるのに必死‼︎

自撮り1日目

自撮り2日目

自撮り3日目

 

どんたこす
”自撮り”を通した二人の駆け引き、素直になりきれないやり取りが妙にこそばゆくて見ていてニヤニヤが止まりません💕例えば、行きの新幹線のホーム、電話をする啓悟と文音さんの間から聞こえてくる後輩(女)の声に文音さんが少し嫉妬し、都合のいいおとなりま○こでぇ〜す♡と大声で牽制してきたりと…こういうやりとり大好物です💕

電話越しから後輩(女)の声が…

「都合のいいおとなりま○こでぇ〜す♡」

 

どんたこす
3日間の禁欲(?)期間を経て再開する二人。自分の部屋に戻るとそこには合鍵で侵入し、啓悟の帰りを待つ文音さんが‼︎お風呂にします?ごはんにします?それとも…あやねさんにします?、文音さんが新妻お出迎えプレイでスタンバイです💕あー、文音さん可愛い。

「お待ちしてました〜」

「お風呂にします?ごはんにします?それとも…あやねさんにします?」

 

② 再開する二人、爆発する気持ちと性欲

”自撮り”で焦らされた啓悟は、文音におち○ぽお預けを決行。愛撫で文音を焦らす。文音も負けじとフェラやパイズリで対抗する。

どんたこす
帰宅し扉を開けると文音さんが‼︎啓悟もそんな文音さんの姿を見て、スイッチが切り替わりベッドへ💕準備万端で濡れ濡れ状態の文音さんを横目に後背位の状態でクンニを開始する啓悟。今まで”自撮り”で散々お預けをくらったお返しとばかりに”おち○ぽお預け”で文音さんを焦らします💕

早々にベッドへ

準備万端で濡れ濡れ状態の文音さん

 

どんたこす
ちなみにズボンを脱がされ、不意におま○こを舐められびっくりする文音さんが凄く可愛くて大好きです💕舐められるごとに表情の余裕がなくなっていき、アヘ顔披露‼︎おち○ぽイキを期待してたのにクリイキしてしまう勿体なさを感じる文音さんもたまらなくえっち💕

不意におま○こを舐められびっくりする文音さん

おち○ぽイキを期待してたのにクリイキしてしまう勿体なさを感じる文音さん

 

どんたこす
啓悟の追撃は止まらず、手マンの追加攻撃。この時、気持ち良すぎて腰が浮いてしまう文音さんがえちえちでおすすめ💕個人的に足の向きやM字開脚の具合がとてもセクシーで、手マンの動きに合わせて腰をクイクイと動かしている様子がえっち‼︎ちなみに、手マンの前の恋人のような駆け引きもたまらなく良いので、是非購入して見てみてください。二人とも良すぎ‼︎

お預けの手マン

気持ち良すぎて腰が浮いてしまう文音さん

 

どんたこす
手マンもヒートアップ、手マン×クリの同時責めで文音さんも絶頂寸前💕身体も反りイク寸前で、啓悟から待てを受けるもたまらず潮吹き絶頂💕えちすぎる…‼︎

手マン×クリの同時責め

絶頂する文音さん

 

どんたこす
その後は攻守交代、文音さんの責めタイムへ。相変わらずのフェラテクを披露💕寝そべりながら美味しそうにおち○ぽをしゃぶる文音さんが可愛いんだな、これが‼︎男の弱点を知り尽くしている感、裏筋責めを中心にロングストロークでセルフイラマチオで啓悟もすぐに絶頂してしまいます。

美味しそうにおち○ぽをしゃぶる文音さん

フェラテク披露‼︎

 

どんたこす
おち○ぽお預けは継続、文音さんもパイズリで対抗します。パイズリシーンで好きだったのが、ち○ぽをおっぱいで挟んだ状態で離し、反動でベチッとなるシーン💕このお遊びする感じが二人の関係値を表しているというか、、、もうお隣さんじゃないよね(笑)

お気に入りパイズリシーン①

お気に入りパイズリシーン②

 

どんたこす
そして、お待ちかねのセックスシーン💕安全日をいいことに生挿入を期待する文音さんでしたが、男・啓悟はしっかりとゴム装着‼︎文音さんのお帰りなさい♡を合図にセックススタートです。

「お帰りなさい♡」

セックススタート‼︎

 

どんたこす
正常位で挿入後、軽イキしてしまう文音さん。表情でバレまいとクッションで顔を隠す姿がめちゃめちゃ可愛い💕久しぶりのセックスで感度めちゃ高の文音さん、啓悟のしつこい後背位ピストンでイキまくりです💕

正常位で即イキする文音さん

大好き後背位

 

どんたこす
そして、ゴム射でフィニッシュ‼︎射精後、ち○ぽを抜く際に膣圧でゴムが残ってしまう様子がシコシコのシコ💕啓悟のち○ぽは私のものと言わんばかりの文音さんの独占欲が垣間見れた気がしました♪

膣圧でゴムが‼︎①

膣圧でゴムが‼︎②

 

どんたこす
そんな姿を見て、啓悟も興奮‼︎生挿入で文音さんを”お仕置き”します。久しぶりの生の感覚に文音さんの幸福度も感度もMAX状態、常にイキまくり常時アヘ顔披露のフィーバータイムです💕寝バックで気持ちいところを突きながら、耳元で名前を囁く…文音さん歓喜です(笑)

生ハメ寝バック①

生ハメ寝バック②

 

どんたこす
特に生挿入のシーンでの表現は丁寧で、寝バックでの絶頂時の足先の描写だとか、射精後の子宮がち○ぽを離さない描写とか非常に細かい。イキすぎておかしくなる文音さんに対して容赦なく責め続けた啓悟にも拍手。肌を何回も重ね合わせ、お互いのラインを知り尽くした二人だからこそ出来るプレイですね。1巻から二人の関係値がもの凄く上昇したことが分かる素敵ないちゃらぶセックスでした。

寝バックでの絶頂時の足先の描写

射精後の子宮がち○ぽを離さない描写

4.下着紹介

下着は、”色のキャミソール×フルバックショーツ”。

どんたこす
1巻以上に飾らないシンプルさ、無地の灰色の下着です。だが、それが良いッ‼︎特にお気に入りなのが、二日目の自撮り写真、クロッチ部分がおま○こに挟み込まれているお尻UPのショット💕えちすぎる…見えそうで見えないそのアングルがGood‼︎

無地の灰色の下着

自撮り2日目

 

どんたこす
セックス中、パイズリシーンまで裸キャミソール状態ってのも私のフェチ心をくすぐってきます。親しい人にしか見せない乱れた姿、私しか見れないそんな状態が己の独占力を満たしてくれるえちだ。

裸キャミソール①

裸キャミソール②

5.総括

さて、ヘリを先生の『となりのあやねさん いたずら自撮りとお仕置きえっち編』を紹介してきました。となりのあやねさんシリーズ第2巻、啓悟の出張をきっかけに二人の気持ちがまた少し接近した回でしたね。無意識のうちにお互い依存し合う二人。だけど、関係はまだ”お隣さん”のまま。二人が正直になるのはいつになることやら…(笑)続編があるなら、また是非続きが読みたいなーと思う素晴らしい作品でした。あと、文音さんのどすけべ下着も見たいぞーと思う今日この頃でした‼︎

ヘリを先生の情報

SNS情報  ホームページ Pixiv Twitter
作品販売店  メロンブックス とらのあな
電子書籍  FANZA DLsite
(ヘリを様 レビュー許可取得済み 2021.08.28 メールにて)

となりのあやねさん いたずら自撮りとお仕置きえっち編

9.3

キャラクター

9.5/10

イラスト

9.5/10

エロさ

9.5/10

ストーリー

9.0/10

下着力

9.0/10
エロ漫画を読むならKomiflo♪

月額980円で最新・最高のエロ漫画雑誌とバックナンバーが読み放題!1ヶ月の無料体験も実施中なので是非入会してみては?最近、BABELも読み放題に追加!!今後も新雑誌の追加もあるかも???

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事